記憶を司る脳にDHAがなぜ必要なのか?

記憶を司る脳にDHAがなぜ必要なのか?

Pocket

脳にDHAがなぜ必要なのか?

記憶を司る海馬とは

海馬とは、大脳皮質の中の大脳辺縁系に属する、

短期記憶を司る非常に重要なところです。

1、形,色、匂いなどの情報を統括する。

2、日常で起こる全ての様々な情報が、

一旦『海馬』で整理され単期記憶される。

3、海馬で記憶された情報の中でも本当に必要なものは、

『大脳皮質』に移動され長期記憶される。

新しい(短気,中期)記憶は海馬に記憶、

古い記憶(長期)記憶は大脳皮質に記憶、

海馬が何かの理由により働きが悪くなると。

1、新しいことが覚えられなくなる

2、昔のことは覚えているが、最近のことはすぐに忘れてしまう。

3、アルツハイマー型の認知症

4、健忘症

人間の記憶について

人間の記憶は脳内にある二つの器官(大脳皮質と海馬)が、

大きく関係しています。

海馬での記憶

新しい記憶は、最初に海馬に記憶されます。

日常的な出来事、記憶など簡単なものは一度、

海馬に収納されるのです。

海馬内で記憶は整頓され、

そこから次第に大脳皮質に移動するか、

そのまま忘れてしまうかが決められてしまうのです。

その為、記憶が海馬の中にあるうちにしっかりと記憶を定着させ、

大脳皮質に送りこむ事が大切だと言われています。

海馬に記憶が定着する時間は、

1時間から1か月程度だと言われています。

海馬に一度置かれた記憶は、

9時間程度でほとんどの記憶は消えてしまうと言われています。

大脳皮質での記憶

その為、1時間、最低でも9時間以内に、

しっかりと覚えたい記憶を定着させる事が、

記憶力を上げる為にとても大切な物なのです

長期記憶をするためには海馬の記憶を、

大脳皮質に送り込むことがひつようなのです。

試験前に詰め込んで覚えたものは、

試験時間中にならなんとか思い出せることもありますが

すぐに忘れてしまいますよね。

これは記憶が海馬内で止まってしまい、

整理され、結局大脳皮質に定着しないままで、

終わってしまうからなのです。

海馬の役割について

海馬、というものをご存じでしょうか。

海馬は脳内にある器官で、

記憶に深く関係していると言われています。

人間の記憶は二つの器官に分けられていると言われています。

大脳皮質、

海馬の二つです。

 

新しい記憶は、

最初に海馬に記憶されます。

日常的な出来事、記憶など簡単なものは一度、

海馬に収納されるのです。

海馬内で記憶は整頓され、

そこから次第に大脳皮質に移動するか、

そのまま忘れてしまうかが決められてしまうのです。

その為、海馬の中にあるうちにしっかりと記憶を定着させ、

大脳皮質に送りこむ事が大切だと言われています。

海馬に記憶が定着する時間は1時間から1か月程度だと言われています。

一か月前の記憶ならやんわりとでも思い出せるけれど、

2か月ともなるとしっかりと思いださない、

という人は多いです。

それは記憶がまだ、

海馬に保存されているか、いないかの違いなのです。

また、海馬に一度置かれた記憶でも9時間程度で、

ほとんどの記憶は消えてしまうと言われています。

その為、1時間、最低でも9時間以内に、

おさらいや、復習をすることで、

しっかりと覚えたい記憶を定着させる事が、

記憶力を上げる為にとても大切な物なのです。

長期記憶をするためには海馬が深く関わってます。

試験前に詰め込んで覚えたものは、

試験時間中にならなんとか思い出せることもありますが、

すぐに忘れてしまいます。

これは記憶が海馬内で止まってしまい、

整理され、結局大脳皮質に定着しないまま、

終わってしまった状態なのです。

海馬に異常が起こると、

海馬の機能に関するもっともよく知られていて、

かつ今でも有効な説は、記憶との関係です。

ある脳部位が損傷されると、

重度の健忘が生じることは、

もう百年近く前から知られています。

こうした患者は、

毎日の生活で起こった物事の記憶を呼び起こすことができない。

現在では、

海馬の損傷だけで、

こうした健忘が引き起こされることが解っている。

脳を活性化する栄養素DHAの働き。


キング・オブ・ブレインフードといわれるDHAは、

摂取することで脳の神経細胞が柔らかくなり、

シナプスの神経伝達物質のやり取りを活性化し、

記憶力や学習能力の向上に役立ちます。


また、兄弟分であるEPAと同じく、

赤血球の柔軟性を高めてくれることもあり、

末梢の毛細血管まで血流を改善し、

脳への血液のめぐりもよくしてくれます。

血栓を防いでくれるので脳梗塞の予防にも、

非常に効果のある成分といえます。

日本人の子供が欧米人に比べて頭がいいのは?

日本にDHAの存在が伝えられたのは、

1989年のことでイギリス人のマイケル・クロフォード博士の著書、

「原動力」のなかで、

「日本人の子供が欧米人に比べて頭がいいのは、

日本人が魚を多く食べてDHAを摂取してきたからだ」、

ということを書き記したことが大々的に取り上げられたからです。


この発表によって、

DHAは頭がよくなる成分として一躍有名になったんです。

人体の中で『網膜』と『海馬』の中にDHAが多い、

人体のなかでは一番目の、

目の網膜に次いで、

脳は二番目にDHAが多く存在している部位であり、

特に記憶を司る、

「海馬」といわれる部分に多くのDHAが存在していて、

DHAを3週間取り続けた結果、

記憶力が飛躍的に高まったという実験結果も報告されているほどです。

DHAは頭のいい子を育てる。

DHAを含む母乳で育てた赤ちゃんと、

DHAを含まない人工乳で育てた赤ちゃんとでは、

知能指数に大きな差が出たという実験結果がある。

DHAが必要な脳細胞。

脳細胞にDHAが不足すると、

脳細胞の膜をつくることができなくなり、

脳の機能が衰えたり、脳細胞が死んでしまいます。

特に情報伝達の役割を担うシナプスの部分に、

DHAが不足すると脳の情報伝達がスムーズに行われなくなり、

記憶力の低下や痴呆症の原因にもなるといわれています。

DHAが脳細胞を新鮮に保つ。

細胞膜は常に新しいものに生まれ変わっているので、

常に細胞膜を柔軟に保っておくためには、

その材料になるDHAも絶えず摂取しておく必要があるということです。

DHAが不足している現代人。

記憶力の向上や学習能力の向上、

はては脳梗塞や痴呆症の予防にもつながるというDHAですが、

魚を食べなくなった日本人は慢性的に、

DHAの摂取不足状態が続いているといいます。


厚労省が推奨するDHA(EPA含む)の1日の摂取量。

1日1g(1000mg)です。

実際の日本人のDHA摂取量。

1、若い世代は1日0.2g(200mg)程度、

2、魚を比較的よく食べる50代以上でも1日0.6g(600mg)

全く不足している状態です。

脳の健康のためにはもっと魚を食べないといけないということです。

魚によって違うDHAの含有量。

ただ、魚であればなんでもいいというわけではありません。

魚の種類によってDHAの配合量が全然違うからです。

ただ、目安はあって青魚には基本的に多く含まれているようです。


DHAのサプリメントのCMでは、

1日分のDHAを摂取するには大量の魚を食べないといけない。

というような訳ではなく、

あれは赤身の部分だからそうなるだけで、

脂の多い部分を選んで食べれば1日1gは楽に摂取できます。

DHAを豊富に含む魚とは(魚肉100gあたりの含有量)


マグロ【2877㎎】

ブリ【1784㎎】

サバ【1781㎎】

サンマ【1398㎎】

ウナギ【1332mg】

 

魚の調理方法は。

1、魚を食べるときは、焼いたり、

煮たりすると魚油が20%程度落ちてしまいます。

2、揚げるとほかの油が吸収されてしまい、

効率的にDHAを摂取することができなくなってしまいます。

3、新鮮なお刺身にして食べるのが、

DHAの摂取方法としてはベストです。

DHAはどのようにして脳に取り込まれるのか?

脳はとても繊細な器官です、

脳の中へ入ることができるのは限られた、

成分だけになります。

脳の働きに不可欠な最低限の成分しか入れないのは、

脳の入り口にある「血液脳関門」で選別されるからです。


DHAとEPAの前身であるアルファリノレン酸や、

EPAでさえも、

血液脳関門を通過できないとされています。

DHAはこの選別を難なくクリアし、

脳の中へ入っていくのです。

海馬にはDHA成分が20%もある。

脳の器官で海馬と言う部分があります。

海馬は大事な器官で、

記憶学習に関する機能を担っています。

脳細胞の脂質には平均して10%程度の、

DHAが存在しています。

その中でも、

この海馬には20%以上のDHAが存在しているのです。

DHAは海馬の情報伝達機能に深く関与していて、

人の記憶や学習を司っているため、

海馬内のDHAが少なくなると、

脳機能が低下し、

痴呆などの現象が起こりやすくなってしまいます。

脳の情報伝達(シナプス)に深く関わっているDHA。

脳に入ったDHAは、神経細胞の中へ入ります。

神経細胞間の情報伝達をシナプスで行っていて、

神経細胞の先端部分をシナプスと言いますが、

このシナプスの膜が硬くなっていると、

情報伝達が鈍ってしまいます。

DHAはこのシナプスの膜に使われていて、

その部分を柔らかい状態に保つ働きをしています。

DHAが不足することは脳内の情報伝達が上手くいかない。

つまり記憶学習がうまくいかないことになります。

DHA成分が脳(海馬)に足りないと、

記憶学習においての情報伝達がうまくいかず、

「頭が悪い」とされたり、

あるいは老人であれば『認知症』「痴呆症」の、

発症の可能性が大きくなってしまうのです。

DHAとは、人類が何億年もかかって獲得した脳のための栄養素。

DHAは脳の機能維持・強化において、

とても大事なものです。

その脳を充分活用出来る為にも、

DHAを意識して摂るようにしたいです。

DHAは妊活のためにも

DHA,EPAが不足する為に、

若者男性の間にも異常精子の持ち主が、

圧倒的に多いとされています。

不妊の原因の60%は男性が原因と言われています。

DHA,EPAの摂取不足は、

様々な不調と言う形で私たちの生活に、

表面化して来ています。

あなたも是非、DHAを摂取することの試みを、

お勧めします。

DHA-EPAのサプリについての記事があります。