心筋梗塞:身体の生命活動維持のためのあらゆる機能を司るのマグネシウム、体のミネラルバランスは、マグネシウムによって保たれている。

Pocket

目次

身体の生命活動維持のためのあらゆる機能を司る魔法のマグネシウム、体のミネラルバランスは、マグネシウムによって保たれている。


マグネシウムが不足すると、

心と体にアンバランスが生じ、

さまざまな悪影響がうまれます。


身体中にあるマグネシウムの6割が、

骨や歯に含まれています。

マグネシュウムにはカルシュームが、

うまく取り込まれるように、

調整するための働きがありますが、

マグネシウムが不足すると、

その調整機能が働かず、

骨の中に蓄積されているカルシュウムが、

流出したりして、

骨が弱くなったり骨粗しょう症のリスクが高まります。


骨の健康には、
カルシュウムが不可欠である事は、皆さんご存知だと思いますが、マグネシウムが骨だけでなく、身体を構成する全ての細胞において、極めて重要な様々な生命活動に携わっています。


骨や歯のためにはむやみに、

カルシュウムをとればいいわけではなく、

カルシュウムをコントロールしている、

マグネシウムがなければ、

せっかく取り入れたカルシュウムが、

無駄になったり、

反対に身体に対して悪さをしてしまいます。

骨の健康維持のためにはカルシュウムよりも、

むしろマグネシウムをたっぷり、

取ることを意識したほうがいいです。

理想のカルシュウムマグネシウムバランスは11とされています。

マグネシウムは体内の生命維持活動に関わっている、

300種類以上の酵素の働きをサポートしていて、

人体にとって必要不可欠なミネラルの1つです。

その他、マグネシウムの働きには、

筋肉の動きの調整、

血圧や血糖値を安定化したり、

疲労回復や色イライラを抑える作用といった、

重要な働きがあります。

私個人の体験からすると、意識的にマグネシュウムを考慮した食材を、食べるように成ってから、身体が柔らかくなり、そして身体に瑞々しさも感じるようになってきました。

肩が凝っているような感じも、

心地よく感じられるようになったり、

アンチエイジング、

健康増進、

水水さを失って老いを感じている方にも、

とても有効だと思います。

マグネシウムが不足すると、血液が固まりやすく、血栓のできるリスクが高まります。むくみ、高血圧の原因にもなり、マグネシウムとカルシウムは、細胞の機能をつかさどっている大事なミネラルなのです。

いつまでも、

若々しい体作りを心がけるには、

高マグネシウム食を心がけていきたいです。


血液中のミネラル濃度について、

マグネシウムはミネラルバランスのミネラルとも、

呼ばれていて、

マグネシウムが不足すると、

カルシュウムカリウム隣などの、

血中濃度がアンバランスになってしまいます。

しかし、

このアンバランスを補うために、

ミネラルを個別に補給しても、ミネラルバランスが改善される事はありません。ミネラルバランスの司令塔である、マグネシウムを補給して、初めて全体のバランスが整います。


体の中の骨や細胞、血液などの、

ミネラルバランスが取れることから、

体の機能が若々しく保たれると言われています。

マグネシュウムの働きは、体内で300種類以上の、酵素の正常な働きとエネルギー生産を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素であり、神経の興奮を抑え、血圧を調整し、筋収縮に関与しています。

また、骨や歯の形成に必要。

マグネシュウムの欠乏は、

症状は吐き気、嘔吐、眠気、

脱力感、筋肉のけいれん、ふるえ、食欲不振。

マグネシュウムが、慢性的に不足すると、骨粗しょう症や心疾患、糖尿病のような生活習慣病の、リスクを上げることが示唆されています。

また、加工食品、清涼飲料水などに含まれる、

リンを多く摂るとマグネシウムの吸収が妨げられます。

マグネシウム食材にはどんなものがあるかと言うと、


玄米、
白米に比べ5倍ものマグネシウムを含んでいて、

カリウムマンガン鉄亜鉛などのミネラルと、

植物繊維がバランスよく豊富に含まれています。


玄米は健康と若々しさを維持する栄養素の宝庫なのです。


大豆(きなこ、豆腐,納豆,油揚げ)
大豆に含まれているカルシウムとマグネシウムの、割合は11の割合で含まれていて理想的な、

 

カルシュウムマグネシウムバランスの食材なのです。

その他に、必須アミノ酸もバランスよく含まれて、

良質なタンパク源でもあります。

煮豆

豆腐

納豆

豆乳

きなこ

味噌など

様々な大豆製品があり、

毎日の献立にバランスよく取り入れて食生活ができます。


わかめ(ひじき、焼き海苔)、
魚(煮干し,丸干し、しらす)日本人にはなじみの深い食材だと思います、海のミネラル分を吸収して育つため、文字通りミネラルの宝庫ですカルシュウムも豊富に含まれています。

大豆と同様カルシュウムとマグネシウムの、

含有比率が11のカルシウムマグネシウムバランスの食材です。

味噌汁やスープサラダ、酢の物、煮物、わかめご飯など、

手軽に活用できます。

乾物なので長期保存ができるので常備しておきたい食材の1つです。


ほうれん草

緑の濃い青菜類の野菜です、

濃い緑のお野菜は高濃度のマグネシウム食材です、

アーモンド

ナッツ類の中でも特に優秀な、

マグネシウム食材です。

亜鉛やビタミンE、

植物繊維なども豊富で,

カルシュウムマグネシウムバランスも優れています。

クルミやごまなどと合わせて積極的に取り入れたい食材です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.