心筋梗塞、血液を浄化するため、私が毎日常用したり、気をつけてとっている食材を、少しずつ、ご紹介していきたいと思います。

Pocket

血液を浄化するため、私が毎日常用したり、気をつけてとっている食材を、少しずつ、ご紹介していきたいと思います。


まずはコーヒーについてです。

1日いっぱい以上コーヒーを飲む人が、

コーヒーを飲まない人に比べて、

脳卒中による死亡リスクが低いことが、

国立日がん研究センターやJACCス Studyの、

調査結果で報告されています。

JACC Study研究とは、文部科学省(当時文部省)の科学研究費の助成を受け、最近の日本人の生活習慣が、がんとどのように関連しているかを、

 

明らかにすることを目的としています。

脳卒中や心筋梗塞の原因になる、

血管の中にできる血液の塊である血栓について、1日いっぱい以上コーヒーを飲む人が、脳卒中による死亡リスクが低いことが、調査結果で報告をされています。

国立がん研究センターやJACC Study 研究の,

調査結果で報告をされています。

脳卒中の原因となる血栓について、

東海大学医学部でマウス実験が行われ、

水、コーヒー、カフェインを水に溶かしたもの、

以上3種類をマウス群に与え実験したものです。

珈琲(コーヒー)を与えたマウスの方が、血の塊(血栓)ができにくかったと言う、実験結果の報告です。

他の2種類の水、カフェインを水に溶かしたもの、

を与えたマウスよりはるかに、

血の塊(血栓)ができにくかったと言う、

実験結果の報告です。

コーヒーを飲むことが、

血栓予防に働くと言える実験結果であります。

スポンサードリンク

なお、コーヒーの飲み方について

糖尿病の予防効果を期待してコーヒーを飲む場合は、食事とコーヒーを一緒にとると言うことが助けになるそうです。

コーヒーは毎日たくさんとらないで、

適量をゆっくりと飲む飲み方が、

心筋炎や血管疾患に有効だということです。

眠気覚ましとしてコーヒーを活用するより、

ストレスによる炎症を抑制する効果として、

コーヒーを飲むほうがお勧めだそうです。

コーヒーを心筋疾患の効果を期待して飲む場合は、

コーヒーは砂糖やミルクを入れずに、ブラックコーヒーとしてして飲むことが、健康には最も効果のある飲み方だそうです。

ブラックコーヒーとしてして飲むことが、

最も効果の在る飲み方だそうです。

また東京都健康長寿医療センターの研究によると、

マウス実験によりブラックコーヒーを取る事で、老化の進行を遅らせるアンチエイジング、効果があることが報告されています。

コーヒーに含まれるポリフェノールの、

クロロゲン酸は体内の炎症を抑制する作用や、

ストレスによる酸化作用を防ぐ効果があるとの報告があります。

その他ブラックコーヒーは対紫外線効果もあるそうです。

珈琲については、調査結果で飲み始めた訳ではないのですが、

珈琲野入れ方教室に参加した事が切っ掛けで、

毎日飲むようになりました。

いまでは、生豆を購入して、

自分で焙煎して飲んでいます。

画像にある焙煎器は、

煎りたて名人

自家焙煎する事で珈琲の生豆は、

焙煎済みの豆を購入するより、

約半額で購入出来、

経済的にもお勧め出来ます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.