悩みや心配事がおきたらどうするか?

悩むということも心配するということも

同じ現象なのです。

両方とも選択肢が沢山あると言うことでもあり

どのような選択肢かと言うと

間違った結論を出したくない

間違いたくない、正しい答えが欲しい

損をしたくない

自分の引き出しには答えが無い

または有るかもしれないので考えをめぐらしていて

答えを自分の中に探している状態なのです。

こういう時にはハラをくくって欲しいのです。

間違ったとしても自分が正しい答えを持っていないのですから

間違っても良いのだと言うこと

とにかく結論を出して

実際どのように間違うのか見極めて見たら如何でしょう

もしかしたら、

 

思いも掛けないいい結果が出ることもあります。

正しく間違わないでいきようとする事で

不必要に細かいことを考えたりくよくよしたり

生き方が小さくなってしまうこともあります。。

 

余り悩んだり心配したりせず

間違いながら失敗しながら

色々な体験を通して生きていくことが

自分を豊かにおおらかにしてくれます。

他の選択肢があるとしたら

余り格好をつけないで恥を忍んで自分の弱さをさらけ出して

知り合いや気心知れた友人に悩みや心配を相談してみるだけで

意外と解決することも沢山あります。

いま流行の電話占いを友人に話すみたいにしゃべって聞いてもらえるだけで

スッキリしてしまうこともあります。

どのように自分の気持ちを吐き出すかはべつにして

思いの丈を吐き出して聞いてもらうことで

ほとんど解決したようなものです。

悩みやうっぷんは溜め込まずに吐き出すに限るのです。

そのことで、精神的にスペースが生まれ

問題だと思っていたことも何でもなかったりします。

特に感情や不満は溜め込むと身体に取っては毒なのです。

日本語では『気の毒』といいます。

.

心配は沢山のイライラ観と思考を伴います

また、思考は沢山のエネルギーを消費します。

それゆえ悩んだ心配している人は元気が無く

ハツラツとしないのです。

スッキリ美人になり異性にもてたければ

あなたが出す結論が良くても悪くても責人を取る覚悟を持つことで

くよくよしないスッキリ美人でいられるかもしれません

そして、健康に関してもずっと良いのです!!!